競馬サロン ◇ ケイバ茶論

競馬 サロン ◇ ケイバ茶論 仕事が来ない 競馬 カメラマンの 競馬 ゴコロ プロフィール 2009年9月 日 月 火 水 木 金 土 ? ? 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ? ? ? 最近の記事 出走頭数激減の秋開幕 RAP85からRAP90へ 川崎に吹くエコの風 シーロ×黛大介×橋本牧場 ユキチャンがやってきた 餃子で願掛けしてみるか? 最上川(夏) 神様お願い! ポーカーアリス復帰2戦目 胃腸は大事に 最近のコメント ひしあまぐり on 神様お願い! 田中哲実 on 神様お願い! サプレマシー on ポーカーアリス復帰2戦目 昔の記憶 on 凱旋門賞へのクビ差 サプレマシー on 大井→病院→大井 サプレマシー on 夏はカレーだ! サプレマシー on ポーカーアリス復帰戦は3着 まどっち on ポーカーアリス復帰戦は3着 まどっち on 復帰前夜 サプレマシー on トンカツは哲学だ うまたせ うまたせ!徒然ウマ日記 バックナンバー 2009年9月 2009年8月 2009年7月 2009年6月 2009年5月 2009年4月 2009年3月 2009年2月 2009年1月 2008年12月 カテゴリー ギャンブル グルメ・クッキング スポーツ 心と体 旅行・地域 映画・テレビ 書籍・雑誌 競馬 このブログをマイリストに追加 このブログをマイニフティで読む @nifty が提供する 無料ブログはココログ ! 2009年9月11日 (金) 出走頭数激減の秋開幕 日曜の新潟 競馬 で競走取り止めがあり、この日の新潟は全11レース制で行われることになった。 取り止めになったのは4Rに予定されていた芝2400mの3歳未勝利戦。最終的な投票頭数が3頭しかいなかったという。他に分割できるレースもなく仕方なく11レースにせざるを得なかったという。 芝の長距離とはいえ、この時期の未勝利が不成立というのは驚き。それにしても、その3頭は気の毒ですね。このせいで少なくとも1頭が未勝利を脱出する機会を奪われたわけだ。 そう思って秋開催初日の中山の出馬表を見てたら、中山もエラく頭数少ないですね。1レースが8頭で始まり、3レースに至っては7頭である。夏のローカルがようやく終わったばかりだというのに、頭数だけ見れば一昔前の夏のローカル開催の風情だ。   昨年の秋開催初日・二日目と出走頭数を比較してみた。  【昨年】       中山 阪神 札幌    土曜  161  162  155    日曜  168  160  151  【今年】       中山 阪神 新潟    土曜  127  140  151    日曜  133  151  127 昨年に比べ二日間トータルで128頭も少ないのである。土曜中山の「127頭」なんて、ひとレースあたり平均で10頭ですよ。一昨日の浦和(130頭)より少ないなんて信じられない。 思えば、東京 競馬 場の出走頭数200頭という最多出走頭数が記録されたのは、わずか2年前のこと。急激な出走馬の減少を、在厩馬の減少問題と結びつけるのは早計かもしれないけど、まあ有力理由の候補にはなりそうだ。       投稿者 ひしあまぐり 時刻 23時55分 競馬 | 固定リンク | コメント (0) 2009年9月10日 (木) RAP85からRAP90へ 昨日、川崎 競馬 場でのエコの取り組みについてチョロッと書いたが、JRAでは10年前からリサイクルに関するプロジェクトを展開している。その名も「RAP85」(リサイクル・アクション・プログラム85)。ゴミのリサイクル率85%を目指す試みである。 回収したマークカード等は再生紙に、ペットボトルはゼッケンにというという具合にリサイクルを進めた結果、2002年から一昨年まで6年連続で85%の目標値をクリア。そこで、昨年からは新たに「RAP90」を策定して、さらなるリサイクル率のUPを目指している。 今回の「RAP90」では、 競馬 場のスタンドやウインズなど、いわゆる「ファンエリア」から排出される廃棄物のリサイクル率にも「45%」という独自の目標を持たせたのが特徴だ。ちなみに現時点でのリサイクル率は43%だという。もうちょっとですね。 JRAが発売する馬券の枚数は、年間約6~7億枚。ネット・電話投票が増えているとはいえ、まだこれだけの紙の馬券が発売されている。もちろん、ほぼ同じ枚数マークカードが使われていることになる。皆さん、外れ馬券やいらなくなったマークカードは、専用の回収箱に入れて帰りましょうね。 ちなみに香港ではマークカードがそのまま馬券になる。マークカードの裏面にレース番号や馬番号、金額などが印字されるわけだ。しかも、マークカードは日本の馬券よりもさらに小さいから、紙資源の無駄遣いという点では日本の 競馬 にはまだ一考の余地がある。 だが、JRAの事業活動によって発生する廃棄物の80%は、実はトレセンの厩舎から出される敷料なのである。すなわち寝わらやウッドシェーブ(おがくずみたいの)ですね。これらは堆肥やキノコ栽培の土台に生まれ変わるのだという。数日前の「馬糞の話」でも書いたように、これらは結構人気が高い。 人気が高いリサイクル品といえば、「ゼッケンバッグ」も上げられる。 競走馬のゼッケンがペットボトルから作られている再生品であることは先ほども書いたが、栗東トレセンの調教用ゼッケンの一部は、使用後にさらにもう一度加工されてバッグなどに生まれ変わっている。布の丈夫さを生かしたのが特徴で、こちらは「使用済み感」が逆に人気を高めているのだとか。でも元はペットボトル。ペットボトルもちゃんと専用回収BOXに入れましょうね。       投稿者 ひしあまぐり 時刻 23時55分 競馬 | 固定リンク | コメント (0) 2009年9月 9日 (水) 川崎に吹くエコの風 昨日の川崎の話。珍しく正門から入場したら、こんなビラとボールペンを配ってた。   いやあ、ついに川崎 競馬 場にもエコの風が吹き始めましたよ。何かの景品にエコバッグ配るだけじゃ、昨今の「エコ」の流れには追いつかないっつうことですな。 そんなこんなで8レースにナマラスゴイが出走。なんと2番人気である。水野貴騎手とのコンビで臨んだ前走のレースぶりには、見るべきモノがあった。ひょっとしたら馬が何か掴んだのかもしれないと、淡い期待を抱きつつスタート。 ドンピシャの発馬を決めて「よっしゃあ!」と心の奥底でガッツポーズを決めたのもつかの間、あっという間に馬群に呑まれた。そのまま、馬ゴミの中でのレースを強いられて、結果は7着。   昨日は典型的な「ダメナマラスゴイ」のレースでしたね。自分の時計より2秒も遅いんだから、まるで走ってない。難しいところは相変わらず。春先から「この馬が真価を発揮するのは戸塚記念」と思い続けてたけど、結局はその戸塚記念と同じ日に走っただけで、しかも春から難しいところが解消されてないという厳しい現実を目の当たりにさせられた。 誘導馬を眺めながら、ひとしきりヘコむ。   続くセプテンバーフラワー賞はJRAのクリスマスキングが嬉しい初勝利をマーク。だが、出馬表を見れば社台ファーム産で父はキングカメハメハ。こんな馬がこの時期の未勝利交流戦に出て来られては、周りは正直たまらんでしょ。2着のカンファーリードが少し気の毒に感じた。         投稿者 ひしあまぐり 時刻 23時45分 競馬 | 固定リンク | コメント (0) ?シーロ×黛大介×橋本牧場 ?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。